箏とピアノで贈る 春の調べ

第3回目となるお家コンサートは、橋本桂子さんをお招きしての箏とピアノによるコンサートでした。箏との共演は初めてで、どのようになるか想像もつきませんでしたが、会場の特性が箏に適していたようで、とても充実した響きを楽しむことができました。少し珍しく、また春を迎える時期にふさわしい内容だったこともあり、お越し下さったお客様にも喜んでいただけました。


このところ、新たな出会いや発見により、来年・再来年に向けての企画が急速に増え、またスケールが大きくなりつつあります。昔、とある先生が「チャンスは常に転がっていて、ただ自分がその時にそれを掴む準備ができているかどうかだ」と仰っていました。まさにその言葉通り、視野を広く持ち、様々な物事や人に対してアンテナを張っていると、今までには思いもよらなかった可能性に気づくことが多々あります。


今は様々なきっかけとアイデアに溢れていますが、大同小異なものばかりにならないよう、また常に大きく発展したものを生み出し続けられるよう、日々精進を続けなければならないなと実感しています。






74回の閲覧